ネット予約はこちら メールで相談
成城学園駅徒歩1分 0120-461-834
初診の流れ
院内ツアー
無料カウンセリング予約
ネット予約はこちら
無料メール相談
メールで相談
ホワイトエッセンスの分割払クレジット

当院は歯の治療すべてに対し「痛みへの配慮」に力をいれております。

 

痛みをすぐに止める方法の代表に「局所麻酔」があります。

ですが、この麻酔をする時が一番痛い=歯科は怖いという

イメージにつながってしまっていることが今もって残念です。

当院は、治療で少しでも痛みが出る可能性がある場合は

「無痛局所麻酔」を行ったうえで治療に入ります。麻酔が

痛ければ無痛治療になりませんので麻酔をするときでも

最大限「痛みへの配慮」を行っております。

 

 

 

説明: http://dental.feed.jp/contents/img/product/003000300/003000300_L.jpg

麻酔液の温度差は、体内にじわじわ入っていくときに
感じる痛みの原因です。麻酔の前には専用の機械を
使って体温に近い37℃に温めたうえで使用します。

 

 

<<< 一番右側が33ゲージサイズ

医療用で使われる針の中でも一番細いサイズを
使用します。 「33ゲージ」という、従来の針より
20%以上細い超極細サイズです。

 

麻酔の針が刺さる部分には、毎回必ず表面麻酔を行います。

当院はスプレータイプの麻酔をした後、その上から重ねてゼリー状の

麻酔薬を塗るため通常の表面麻酔に比べ、かなり高い効能が得られます。

これだけでも麻酔時の痛みは激減します。

 

上記の方法でほぼ痛みを感じなくなりますが、
さらに痛みを低減する方法としてコンピュータ
制御の麻酔器でゆっくり、一定の圧力で
麻酔液を流します。

 

針を刺す部分の歯ぐきを指で少し圧迫します。

痛みを感じる神経が持続的な刺激により一時的に
麻痺します。

 

 

お口の中には、痛みを感じにくいポイントが
いくつも存在します。

その部分を狙って麻酔を行います。

 

ページのTOPに戻る

説明: Webからのご予約  説明: 無料メール相談

 

 

 

奥歯の溝などに多く見られる、ごく小さな虫歯。

歯の色が部分的に濁ったようや白色や薄い茶色に変色しているだけで 痛みが無く、
歯にも穴があいていない状態を「初期虫歯 CO (シー・ゼロ)」と呼びます。

歯の再石灰化作用がある薬を塗ったり、虫歯の進行抑制剤などを塗って対処します。

まだ、この段階では削ったりという治療は基本的に行いません。

 

 

歯の表面のエナメル質が溶けてしまっている虫歯。

水や空気、甘いもので“しみる”という症状が出てきます。

C1 虫歯の治療は、虫歯部分を削り、歯と同じ色の プラスチック系の樹脂(コンポジットレジン)を

詰める方法になります。

 

 

歯の表面のエナメル質と内部にある象牙質まで溶けてしまっている虫歯。

歯がしみる以外に、時々ズキッとした痛みがある、咬むと痛いなどの 症状が出てきます。

C2 虫歯の治療は、 C1 虫歯の治療法と同じ。

もしくは、範囲が大きい場合は歯型をとり 銀歯・セラミックなどで詰め物を作成し、接着します。

 

 

虫歯菌が、歯の内部の神経にまで達してしまった虫歯。

神経が虫歯菌に感染して炎症を起こしているため ズキズキした激痛、歯ぐきの腫れ、

出血、などを伴います。

C3 虫歯の治療方法は、感染した神経の治療をまず行い 銀歯・セラミックなどで全体的に

歯の修理・補強をします。

さまざまな処置が必要になるので、治療終了までに約1~2か月程度かかります。

 

 

虫歯がかなり進行して、根の部分まで無くなっている虫歯。

虫歯菌がアゴの骨まで感染を起こしており、歯ぐきが大きく腫れたり 膿が出てきたり、強烈な口臭がしてきます。

放置しておくと「骨髄炎」や「心内膜症」といった病気を引き起こし

最悪の場合、死に至るケースもあります。

 

 

C4 虫歯の治療方法は、基本的に抜歯のみとなります。

病原菌の感染源をいち早く取り除くことが先決です。

 

「歯」は、他のからだの部分と違い、再生能力を持っていません。

ですので、虫歯は自然治癒することが100%ありません。

抜いた永久歯も、新しくまた生えてくることはありません。

虫歯治療では早期発見・早期対応することが最も大切です。

 

 

ページのTOPに戻る

説明: Webからのご予約  説明: 無料メール相談

 

診療日

※ 日曜日 10:00~17:00となります。

ホワイトエッセンス デンタルクリニック成城

成城学園前駅徒歩1分
0120-461-834