ホワイトエッセンスデンタルクリニック成城

セラミック治療

セラミック治療について

セラミック治療について

人とのコミュニケーションが大切な現代社会において、素敵な笑顔は大事な要素です。
当クリニックのセラミック治療は「美しさ」はもちろん、「よく噛める」「よく話せる」機能性も重視した治療を行っています。

セラミック治療の主な治療方法

当クリニックでは様々なセラミック治療を行っています。
口元でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

セラミッククラウン法・ブリッジ法

セラミッククラウン法・ブリッジ法▲銀歯が目立つ、差し歯が合わない、歯が抜けたなど クラウン法とは、虫歯などで歯を大きく削った場合や歯がもろくなった場合などに、歯質の補強・歯の形態回復が目的で行われる治療法です。
360°全体的に歯を覆うタイプの治療で、昔でいう「差し歯」の現代バージョンです。
ブラウン法とはクラウンを連結したものです。取り外し式の入れ歯とは違い、目立つことも無く、食事も普通にできます。

ラミネートベニア法

ラミネートベニア法▲歯の変色が気になる、歯の形が不揃いなど 歯の表面を薄く削り、つけ爪のような形の極薄セラミックを接着する方法です。ホワイトニングやクリーニングでは改善できない歯の変色やある程度の歯の形、歯並びを改善できます。
歯を削る量が少なくて済むのが最大のメリットです。

セラミックインレー法

セラミックインレー法▲詰め物が目立つなど 奥歯の虫歯治療などを行った際に、削った部分の歯型を取り、詰め物を作って接着する治療法です。昔に詰めた銀歯も、白く自然な仕上がりにすることが可能です。

ダイレクトボンド法

ダイレクトボンド法▲歯が欠けた、歯の隙間が気になるなど 歯が欠けた部分や虫歯で削った部分に直接、 ナノフィラー配合型ハイブリットコンポジットレジン という特殊な樹脂を埋め込みながら接着する方法です。歯を削る量は、必要最小限で治療ができます。ある程度の歯の形の改善もできます。古く変色・劣化してしまった詰め物も見違えるほどキレイになります。保険診療に使う材料とは全く異なるもので、長期的な耐久性もあります。

セラミック治療の進め方

1.相談・カウンセリング
相談・カウンセリングまずは、ご要望やご質問などを伺い、それぞれの治療を複合した何パターンかの治療方法をご提案させて頂きます。
費用の詳細や大まかな治療期間、治療方法などについてもすべてドクターからご説明させて頂きます。
わからないことは、どんなことでも構いませんのでご質問ください。ひとつひとつお答えします。
2.診察・精密検査
診察・精密検査治療に入る前に、現在の歯の状況を見せて頂きます。レントゲンやデジタル画像などで、虫歯の有無も含めて様々な角度から診査、診断を行い、治療前準備を行います。
3.治療開始
治療開始治療方法によっては、即日で終わる場合もありますがおおむね数回の来院が必要になります。
セラミック治療の場合も、「無痛治療」に最新の注意を払います。治療期間中は、きれいな仮歯もその場で作成しますので歯が無いままご帰宅頂くことはありません。
ご安心ください。
4.治療終了
治療終了仕上がりを確認して頂きます。ご要望がある場合は、製作を担当した歯科技工士も立ち合いますので色々とご相談ください。調整や修正は何度でも無料で行います。
ご満足いただけましたら終了となります。
5.メンテナンス(お手入れ)
メンテナンス(お手入れ)治療が終わりましたら、ご自宅でのホームケア方法をレクチャーします。キレイな状態をより長持ちさせるためにも定期的な歯のプロフェッショナルケアと定期的なチェックにご来院頂くようお願いしております。
セラミック製品は10年間の無料保証が付きますので、万が一のことがありましたらすぐにご連絡ください。

セラミック治療Q&A

セラミック治療に関して、当院に多く寄せらせるご質問をQ&A形式でご紹介いたします。
質問をクリックすると回答をご確認いただけます。

Q.クラウン法、ブリッジ法の違いは何ですか?
A.クラウン法とは、1本の歯に被せる作り物の歯(差し歯)のことです。
ブリッジ法とは、歯と歯の間にある歯が失われてしまった際に、両隣の歯を連結して欠損部にダミーの歯を設置するものです。
Q.前歯のセラミック4本の治療期間は、どのくらいかかりますか?また、治療費はどのくらいかかりますか?
A.治療期間は、初診時の状態により大きく変化します。
歯周病やかみ合わせの問題がなく、前歯4本の神経を残すことが可能な場合、4回~5回の診療で終えることができます。
その場合、予約のタイミングにもよりますが、2ヶ月前後が目安となります。
治療費は、スタンダードなセラミックであれば、1歯当たり10万円が目安となります。ただし、歯周病であったり、神経を取り除く必要があったり、すでに神経が取り除かれていたりする場合には、診療回数・期間、治療費は目安よりも大きいものとなります。
Q.全部の歯をセラミックにしたいのですが、治療期間はどのくらいかかりますか?また、治療費はどのくらいかかりますか?
A.治療期間は、1回の診療にどのくらいの時間をかけることができるかで大きく変わります。
また、歯周病やかみ合わせの問題がある場合には、長期化してしまいます。
仮に月に2回のご来院で、毎回2~3時間のご予約が取れる場合、半年が目安になるかと思われます。(ただし、あくまでも目安ですので1年以上かかることも考えられます。)
治療費は、歯周病や歯の神経の異常などがないのであれば、300万円~400万円が標準的な金額と思われます。
Q.神経がない歯が変色してしまいました。この場合もセラミックにできますか?
A.神経を取り除いた歯こそ、残された歯を守るため、または変色による審美障がいを防ぐためにも、セラミッククラウンを装着することが推奨されます。
ただし、根の尖端に病変が認められる場合や、痛みなどの症状がある場合には、根管治療を受けていただくことが必要となります。
Q.銀歯を目立たなくすることはできますか?
A.可能です。ほとんどの場合、銀歯を外し、セラミックのクラウンまたはインレーを装着することで目立たなくすることができます。
状態によっては様々な処置が必要となることがありますので、詳しくは担当医にご相談ください。
Q.前歯の隙間が気になるのですが、セラミック治療と矯正治療のどちらがよいですか?
A.どちらが良いかは、人それぞれ異なります。
歯を削りたくない場合、矯正治療を選択することになり、時間をかけたくない場合、セラミッククラウンをかぶせることになります。
矯正治療を選択した場合でも、すきっ歯の部分だけの矯正治療で済むこともあれば、全顎矯正となることもありますので、詳しくは担当医にご相談ください。
Q.セラミックの歯はの寿命はどのくらいですか?
A.セラミックは安定した環境であれば半永久的に使用可能です。また嗜好品によって着色してしまうことはありますが、変色をすることはありません。
しかしながら、セラミックという材質そのものがガラスや陶器のような素材のため、欠ける可能性は考えられます。
一般的にセラミックが壊れることよりも、セラミックを支える歯が虫歯や歯周病により再治療が必要になるケースがほとんどですので、定期的なメンテナンスやご自宅での歯磨きなどのケアによりセラミックをより長期に渡りご使用いただけます。

オンライン予約

このページのトップへ